悪徳なエステと契約を解除する

エステ業界の中には、美しくなりたい女性を裏切る行為で利益を得ている店もあります。勧誘されて実際の施術が説明と違った場合は、法的措置によって解決できます。エステサロンと契約して8日以内であれば、クーリングオフ制度が適用されて、相手がどのような言い訳を主張しても一方的に解除できます。クーリングオフができなくなるまで顧客にごまかすこともあるので、対面より郵送で通知するのが良いです。

契約が解除されれば、施術に関する費用は支払わなくて良いです。もし8日を過ぎている時は、1ヶ月以上継続して毎月5万円以上払うという契約をしていれば、一定のお金を払えば中途解約できます。エステサロン側は高額なお金を請求することもありますが、法律で決められた金額だけ支払います。一般的に施術を受ける前は2万円、施術後はその施術に相当する金額と、2万円あるいは残っている施術の10%のうち低い方の金額で済みます。

契約書を渡されないまま施術が始まり8日以上過ぎた時は、利用者に契約書を交付する義務を怠ったとしていつでもクーリングオフが適用されます。これら以外のケースでも、明らかに悪徳業者と判断できる場合は、金銭を支払わないでクーリングオフとして契約解除できます。多くのエステサロンはクーリングオフの申し出を受け入れますが、悪徳業者だと文句や脅しで解約できないことがあります。法律のプロである弁護士に依頼して、正式な手続きをとってもらえばスムーズに終わります。